どんな時もスキューバダイビングが好き!




スキューバダイビングの資格取得

スキューバダイビングは、空気タンクを使い、
そこから供給される空気を使い素潜りでは行えない長時間による潜水を可能にするものですが
長時間かつ深い場所まで潜ることが可能ですが、
しっかりとした知識と技術がなければ生命に関わる重大な事故に繋がりかねないものです。
そのため一定のスキルを示すための資格制度が設けられています。

日本では職業として潜水し水中で作業を行う国家資格として潜水士がありますが、
これは学科のみであり80%程度の合格率となっています。

一方でスキューバダイビングの資格として一般に知られるのが
民間資格のCカードと呼ばれるものです。

スキューバダイビングでは器材、
特に空気タンクは現地でレンタルして借りるのが一般的で、
これらを借りるさいにはCカードの提示が必要になり、
カードがなければスキューバダイビングが出来ないようになっています。

ただし浅い場所をインストラクターが同行したり、
Cカード取得のためにスキューバダイビングをする場合にはCカードは必要ありません。
どちらにしても水中で単独で行動したい場合にはCカードの取得が必須ですし、
万が一の時のためにも適切な知識を得ておくことで
事故を未然に防ぐことができるため、
スキューバダイビングを楽しむ場合にはCカードを取得するのが一般的です。

Cカード取得の窓口は、スキューバダイビングの道具を販売しているショップが
窓口となっていますし、旅行ツアーの一環で現地で取得するといったものもあります。
内容は学科と実技で、資格はクラスがあり初級コースでは、
おおむね10万円以内で取得が可能です。 "




更新情報


TOP 【2014-12-27】

スキューバダイビング時の恰好 【2014-12-27】

ダイバーに人気のダイビングポイント 【2014-12-27】

スキューバダイビングで潜れる水深は? 【2014-12-27】

スキューバダイビングは年齢制限がある? 【2014-12-27】

スキューバダイビングでよく言う耳抜きって? 【2014-12-27】